木枯らし一号が吹き
そろそろ冬本番ですねー

風邪などをひかないよう体調管理に気をつけてくださいね(^O^)

また
海を越えたはるか彼方の大国では
物議を醸している大統領が選出されそうで、今度世界はどうなるのかと心配になるのはCATBIKEだけ_φ(・_・

さて、先の天空の池ツーリングの前に
高速道路のガソリンスタンド空白期間とか、お山の中でのガソリンを心配して

慌ててamazonをクリックしてゲットした
ガソリン携行缶

結局本番では携行缶から給油する自体にはおちいりませんでしが

人生初の携行缶だったので、簡単なインプレをしておこうかと

クリック前には
amazonなどで商品レビューをチェックした末に購入したのがこちらの1リットル携行缶



















色々チェックしたけどバイク携帯を考慮した携行缶は1リットルが最大みたい

第一印象は極太(≧∀≦)
でも、全て金属で頑丈そう

早速、これ持って近所のガソリンスタンドへ
携行缶への給油はセルフで実施してはいけないらしく、店員のお兄さんへ

CATBIKE
「ガソリン、1リッターをこれに入れてもらいたいのですが」

スタンドのお兄さん
こんな缶に給油したことがないのか
「…………(汗)これ入れていいやつですか??」
と、ジロジロと缶を確認する

CATBIKE
「ほら、消防法適合マークがあるから大丈夫ですよ」

結局、お店の中に缶を持って行って、ベテランの店員に確認した後に、無事に1リットル、ゲット完了です( ´∀`)

さて、当日、これを後ろのキャリアーに縛り付け

高速道路をかっ飛ばし
凸凹林道で激しく走行し

これ以上ない本番での耐久テストを実施しましたが

結論として

漏れは一切ありませんでした

これは使えそうです( ´∀`)

後日、携行缶のガソリンをトリッカーに入れてやりましたが

キャップをとって
本体の中にある給油口を逆さにして



















いざ、給油



















給油時にも漏れもなく
なかなかです

もう1個ぐらい買ってこうかな^_^

やっぱり、トリッカーでロングや、お山に入るときは携行缶があると心の余裕が持てていいですよね(^ ^)

つまらぬ記事でしたが
携行缶のインプレでした( ´∀`)

↓ ↓ ↓ ポチっとお願いします♪

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村