みなさーん、自粛生活、頑張ってますか〜(・・;)

いよいよブログのネタがなくなってきました(^◇^;)
ゴールデンウイークも自粛で、、家にいてばかりだと、、運動不足に加え、ついつい、口寂しくなって、お菓子に手が、、

うーん、コロナ太りで、困っています(・・;)

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

さて、先週だったか
Yahoo!ニュースにこんな記事が目に留まりました

新型コロナの影響で三次救急医療機関での受け入れが逼迫

CATBIK: 「三次救急医療機関???」

Webで調べてみると

救急指定病院には、一次、二次、および三次の救急指定病院に分類されていて、救急車の約75%が二次医療機関へ、約25%が、三次医療機関にへ患者を搬送しているとのこと

一次救急指定病院(軽傷者)
手術や入院を要さない軽傷者を受け入れる病院

二次救急指定病院(中等症から重傷)
24時間対応で、手術や入院施設を有する病院

三次救急指定病院(重篤から危篤)
二次指定病院では対応できない高度な手術や治療を行う病院(ちなみに茨城県には6施設しかないみたい(・・;))

つまり、患者にとって「最後の砦」となる三次救急指定病院が、新型コロナの影響により、通常患者の受け入れ停止や、制限を行わざる得ない状況となっており、通常患者が、三次救急指定病院を利用できない場合があり、助かる命をも助けることができないことも想定される異常な事態に陥っているというのです

これ、バイク乗りにとっても重要な話

バイクは危険な乗り物で、転倒すれば、大怪我して、状況によっては高度な治療を必要とするかもしれない。その時、三次救急病院に受け入れてもらうことができなかったら、、、。平時なら助かっていた命なのに、、、
自分自身にあてはめれば、本当に恐ろしい話です。

さらに、ライダーが怪我をして三次救急病院を利用すれば、今治療を必要としているコロナ患者への命を脅かし、また医療関係者にさらなる負担をかけることになる

こんなことを思えば、自分自身のためにも、コロナ患者さんのためにも、そして医療関係者の皆さんのためにも

この緊急事態宣言下のなか
観光・レジャーでのツーリング、ましてや越境やグループのツーリングは我慢しなければなりませんね。
仕事や通勤、あるいは買い物でバイクを利用することもあるかもしれませんが、いつもより増して安全運転に心掛けましょう
ここは我慢、我慢、、うーん、我慢
でも、いつまで続くのか・・・長い闘いになりそうです(-。-;

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

さて、お題の件
と、言っても大した記事ではありませんが

先週のこと
バイクにも乗れないので、洗車と、久しぶりにエンジンでもかけてやるかと

R1200RSの始動ボタンを押すと
メーターに見慣れないcaution の表示が

DSCN5548


RSはキーレスなのですが
この表示は、キーレスキーの電池の残量が少ないですよ、、の注意喚起らしい

普段見ないコーションマークが突然出ると、ドキッとしてしまいます

おお、心臓に悪いσ(^_^;)

この、5月でR1200RSを買って、丸2年になりますが、、、2年で電池無くなるの?? ちょっと早くない

と、思うCATBIKEですが

近所の100均で電池を購入して、早速交換

DSCN5549


最初、キーレスキーの開け方がよくわかりませんが、色々と試して力ずくで、エイ‼️

と、、パッカンと開きましたよ(^^)

DSCN5551


はい、交換完了
今回は110円の出費

交換後、試してみると
メーターにはコーションマークも表示されず、
問題なくエンジン始動、、、、

キーレスに慣れると
やっぱり、便利です(^。^)

バイクの洗車もバッチリ
ワコーズのバリアスコートで、ピカピカに磨いてやりました

DSCN5565


洗車OK
キーOK
妄想ツーリングでツーリングプランもOK
CATBIKEもOK
免許証持った
小遣い持った
忘れ物なし
よーし、準備万端、、レッツゴー
でも、いつ行けるのかなσ(^_^;)

↓ ↓ ↓ ポチっとお願いします♪

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村